*

2-6.㊙最後の一言。

公開日: : 未分類

◆最後にほぼ確実に査定額をあげられる一言

査定額を出された後、何度か交渉をして金額を上げてもらい、「これ以上は無理だなぁ・・・じゃぁその金額でいいです!」
・・・となるまえにこれを言ってみてください。

「じゃぁ他の店に行かずに、ここで決めるから、○○円あげてくれ!」

これが最後の手段として有効です。というのも、お店側は他の店と比べてほしくない訳です。そっちの方が高ければ、そっちで必ず売る訳ですから。
なので、売る物が良い物になればなるほど、「他の店には行かない代わりにもう少し査定額をあげてくれ」というのは有効になってきます。
これは+10%〜20%ぐらいで言うと言いでしょう。
結構あげてくれる確率が高いので、非常におすすめです。最後に悪あがきとしていってみましょう!

関連記事

no image

2-4.リサイクルショップの店員に希望額を聞かれたとき

◆限度を知りながらも高めにいっておこう 持っていくと、希望額を聞かれる事がよくあります。ここでも、

記事を読む

no image

2-5.査定額を出された時後の店員さんとのやり取り

◆絶対に一度で納得してはいけない あなたは「査定額○○円になります。よろしいですか?」と言われて、

記事を読む

no image

2-1.まずはあなたの立場を知ろう

◆あなたは「売ってあげる」のである! さぁここからは実際に売りに行く時の話に入ります! ・・・と

記事を読む

no image

1-4.売るものに適したお店を選ぼう!

◆総合か?専門か? まず、リサイクルショップは総合か専門かに分かれます。 お店が広く、基本的に何

記事を読む

no image

2-2.店員さんとの最初の対応、会話を大切にしよう

◆売る物は出来るだけ個別に持っていこう 売るものは出来るだけ一つ一つ入れ物(付属の箱があればそれに

記事を読む

no image

1-2.売る前に大体の値段を自分で知っておく。

◆だいたいいくらぐらいで売れるのかを事前に知っておく 今から売りにいく物の具体的な値段を知っておく

記事を読む

no image

2-3.査定額を出される前の店員さんとのやり取り

◆査定額を出される前に さぁ、ここからはいよいよ店員さんとの会話に入ってくる訳ですが、高い物で良い

記事を読む

no image

1-3.売る物やブランド品の良い点を出来るだけ上げておく

◆出来るだけいい点を上げておこう なぜこんな事をするかというとリサイクルショップに売りにいった経験

記事を読む

no image

1-1.どういう不要品やブランド物が高く売れるのか

3つのポイント、年式、状態、現在の需要 リサイクルショップなどで高く売れるものというのはこの3つで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑