*

2-5.査定額を出された時後の店員さんとのやり取り

公開日: : 未分類

◆絶対に一度で納得してはいけない

あなたは「査定額○○円になります。よろしいですか?」と言われて、「はい。それで良いです。」と納得していませんか?確かにこれまでの行動で最初の査定額もかなり上がっている事でしょう。
ただ!ここからが本当の勝負どころです。普通物を買うとき、あまり値切ったりはしませんよね?(まぁする方も多いですが。)というか値切っても全く下げてくれないや、下がったとしても、1998円の物が、端数きられて、1900円にしてもらえる。とかそんなぐらいではないですか?
しかし!売る時は話は別です、とりあえず査定額を出されて一回で納得してはいけません。交渉しましょう。

◆どのように交渉していくのか。

では実際どのように交渉していけば良いのか。簡単に言うと、その金額では売らない!という事を前面に出していけば良いのです。
基本店員さんは最初安めに査定金額を出してます。(ほぼ確実に。)これは、どれだけ、査定金額を提示される前に行動しても基本やられます。
そこから、「それなら、いいや。売らない。」という人には、金額をあげましょうという形なんです。

ではどのように会話していくのかですが、とりあえず、「あ、そんなに安いなら売らない」の要な事言いましょう。
そうしたら、ほぼ必ず「おいくらぐらいご希望でしょうか?」や「おいくらぐらいならお売りいただけるでしょうか?」と言ってきます。
ここで希望改めて希望額を言いましょう。

自分から「後○○円ぐらい上がりませんか?」というのも効果的です。それが適正なら「では今回は特別に○○円あげましょう!」というふうになります。

 

ただ店員側も簡単にはあげてくれません。売りに来た物の、駄目な所(失礼な言い方ですが)をあげて「この査定額は適切である」という風に言ってきます。
ここで負けてはいけない訳です。あなたの方が絶対に物について知っているはずなので、あらかじめ調べた良い所を言い返しましょう。それにより、「じゃぁ解りました。今回は特別にあげましょう!」という事になります。

◆実際いくらぐらいまでこの交渉で上がるのか。

では、この時の希望額はいくらぐらい言っていいのかですが、このときも最初に希望額を聞かれた時のように少し高めを言っておきましょう。この希望額も安すぎると、そこまでの金額しか上がらない事になります。経験から言うとだいたい30%アップぐらいだと思います。

実際言っても「それはちょっと・・・」となりますが、ここで、押せば「では、がんばって20%はあげましょう!」となる訳です。
これが仮に10%アップ程度で言っていると、簡単に「では10%あげます」となり、それ以上上がらなくなってしまいます。
ですので、「最初は多分無理だろうなぁ・・・」という金額から始めましょう。

いままでの例は金額が高額になった場合です。
査定額が1000円など小額の場合、2倍、3倍の希望金額をいっても全然大丈夫です。
ちなみに2回目、3回目の値段変更も十分ありえますので、店員さんの態度や表情を見ながら、粘れる所まで粘ってみましょう!!

関連記事

no image

1-2.売る前に大体の値段を自分で知っておく。

◆だいたいいくらぐらいで売れるのかを事前に知っておく 今から売りにいく物の具体的な値段を知っておく

記事を読む

no image

1-3.売る物やブランド品の良い点を出来るだけ上げておく

◆出来るだけいい点を上げておこう なぜこんな事をするかというとリサイクルショップに売りにいった経験

記事を読む

no image

2-4.リサイクルショップの店員に希望額を聞かれたとき

◆限度を知りながらも高めにいっておこう 持っていくと、希望額を聞かれる事がよくあります。ここでも、

記事を読む

no image

2-3.査定額を出される前の店員さんとのやり取り

◆査定額を出される前に さぁ、ここからはいよいよ店員さんとの会話に入ってくる訳ですが、高い物で良い

記事を読む

no image

2-6.㊙最後の一言。

◆最後にほぼ確実に査定額をあげられる一言 査定額を出された後、何度か交渉をして金額を上げてもらい、

記事を読む

no image

1-4.売るものに適したお店を選ぼう!

◆総合か?専門か? まず、リサイクルショップは総合か専門かに分かれます。 お店が広く、基本的に何

記事を読む

no image

2-1.まずはあなたの立場を知ろう

◆あなたは「売ってあげる」のである! さぁここからは実際に売りに行く時の話に入ります! ・・・と

記事を読む

no image

1-1.どういう不要品やブランド物が高く売れるのか

3つのポイント、年式、状態、現在の需要 リサイクルショップなどで高く売れるものというのはこの3つで

記事を読む

no image

2-2.店員さんとの最初の対応、会話を大切にしよう

◆売る物は出来るだけ個別に持っていこう 売るものは出来るだけ一つ一つ入れ物(付属の箱があればそれに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑