*

2-2.店員さんとの最初の対応、会話を大切にしよう

公開日: : 未分類

◆売る物は出来るだけ個別に持っていこう

売るものは出来るだけ一つ一つ入れ物(付属の箱があればそれに)入れて持っていきましょう。

例えば、紙袋等に裸のまま大量に入れて、そのままカウンターに持っていき「これまとめて買い取ってください!」より、丁寧に一つずつ箱に入れて持っていき、「これ、一ついくらぐらいになりますか?」では、イメージが違う。明らかに後者の方が、一つ一つを大事にし、高く買い取って欲しい感じが出ます。

なのでぐちゃぐちゃに入れて持っていくよりは、きちんと入れ物に入れて持っていった方が印象がいいのです。

◆店員さんとの最初の会話

前章にも書きましたが、最初の会話で、「高く買い取ってもらえないと、売らないぞ!」というイメージをつけるのが大事です。なので最初は「これ買い取れますか?」ではなく「これいくらで買い取ってもらえますか?」的なニュアンスで言ってください。似ているように見えて全然違います。

買い取ってもらえるのは当たり前です。リサイクルショップですから。
それでもし買取不可能なら、それはそれで仕方がない事です。それは、どのようにしても、基本買い取ってもらえません。態度がでかいから買い取らない!なんて事は絶対にありません。

関連記事

no image

2-1.まずはあなたの立場を知ろう

◆あなたは「売ってあげる」のである! さぁここからは実際に売りに行く時の話に入ります! ・・・と

記事を読む

no image

1-4.売るものに適したお店を選ぼう!

◆総合か?専門か? まず、リサイクルショップは総合か専門かに分かれます。 お店が広く、基本的に何

記事を読む

no image

1-2.売る前に大体の値段を自分で知っておく。

◆だいたいいくらぐらいで売れるのかを事前に知っておく 今から売りにいく物の具体的な値段を知っておく

記事を読む

no image

2-4.リサイクルショップの店員に希望額を聞かれたとき

◆限度を知りながらも高めにいっておこう 持っていくと、希望額を聞かれる事がよくあります。ここでも、

記事を読む

no image

2-3.査定額を出される前の店員さんとのやり取り

◆査定額を出される前に さぁ、ここからはいよいよ店員さんとの会話に入ってくる訳ですが、高い物で良い

記事を読む

no image

2-5.査定額を出された時後の店員さんとのやり取り

◆絶対に一度で納得してはいけない あなたは「査定額○○円になります。よろしいですか?」と言われて、

記事を読む

no image

1-1.どういう不要品やブランド物が高く売れるのか

3つのポイント、年式、状態、現在の需要 リサイクルショップなどで高く売れるものというのはこの3つで

記事を読む

no image

2-6.㊙最後の一言。

◆最後にほぼ確実に査定額をあげられる一言 査定額を出された後、何度か交渉をして金額を上げてもらい、

記事を読む

no image

1-3.売る物やブランド品の良い点を出来るだけ上げておく

◆出来るだけいい点を上げておこう なぜこんな事をするかというとリサイクルショップに売りにいった経験

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑