*

1-4.売るものに適したお店を選ぼう!

公開日: : 未分類

◆総合か?専門か?

まず、リサイクルショップは総合か専門かに分かれます。
お店が広く、基本的に何でも買い取ってもらえる総合リサイクルショップ。
服なら服だけ、本なら本だけの専門リサイクルショップ。それぞれ良い所、悪い所ありますので見ていきましょう。

◆総合リサイクルショップの良い所、悪い所

◆良い所
まずは良い所ですが、基本的に何でも買い取ってもらえます。服や雑貨など、まとめて売りたい。って時に非常に便利です。大型の家具や冷蔵庫、洗濯機等もまとめて買い取ってもらえるので、引っ越しの時等に非常に便利です。また出張買取等をやっているお店もありますので電話一本で自宅まで取りに来てもらえたりと非常に使い勝手が良いです。

◆悪い所
広く買い取りしている分、一つ一つの商品知識が浅い場合があります。総合リサイクルショップでの買取額は自分で調べた場合と同様にネットで売られている価格を基準に決めております。

なので、冷蔵庫やデジカメなど明確に決まっているものは特に問題ないのですが、ブランド物のバッグや古くてもプレミアがついている物等、専門的な知識が必要な場合、ありえない金額を提示してくる時があるのです。

◆専門リサイクルショップの良い所、悪い所

◆良い所
よい所はやはり専門的に扱っているので、買取額が高い場合が多いです。例えば有名ブランドのバッグ等は、総合リサイクルショップよりは、ブランド物専門店に持っていった方が高く買い取ってもらえる可能性が高いです。専門知識も豊富なので、物の価値をよくわかっており、高く買い取ってもらえる場合が多いです。

それと、専門リサイクルショップは総合リサイクルショップにはあまりない買取専門のスペースがあります。総合リサイクルショップ二は、買取カウンターがある程度ですが、専門には個室等落ち着いて交渉出来る部屋が用意されている場合があります。これは特に高価な物を買取する、ブランド買取等に多いです。
買取額は後にも話しますが、交渉が命です。人の目を気にせずじっくり話し合えるというのは、大きなメリットになります。

◆悪い点
やはり専門なんで、買い取ってもらえる範囲が結構狭いです。あれこれ一緒に売りたいな〜って時は何店舗も回らなくては行けない事になり、非常に面倒です。
あと、「ブランドのバッグや財布、買い取ります!」っていても、「このブランドの物は買い取れません!」って言われるのが結構あります。その辺りは非常に注意が必要になります。

◆◆店員さんの善し悪し

基本的に査定額は、対応してくれた店員さんが決めております。(まぁ会社の方針に基づいてですが。)なので店員さんの当たり、外れ、が多少なりとも出てきます。
総合リサイクルショップ等になると、一店舗に何人も店員さんがいるので、店長と、若手の社員とでは、査定額がかわるということは、頻繁におこります。
といっても、経験の浅い人の方が、高く買い取ってもらえる場合も多々ありますので、これは非常に運の要素が強いです。

ただ、店長さんや上の人の方が交渉がしやすいのは確かです。やはり力を持ってますので、査定額の上げ幅は大きいと思います。
お店の常連さんになって、査定をしてもらう店員さんを絞って、仲良くなるのもいい手段です。仲良くなる事によって、次もまたくるから、査定額アップして!という事も出来るかもしれません。
しかし、逆に仲良くなったから言いたい事言いにくい場合もあるので、その辺りは自分で考えてみましょう。

関連記事

no image

2-5.査定額を出された時後の店員さんとのやり取り

◆絶対に一度で納得してはいけない あなたは「査定額○○円になります。よろしいですか?」と言われて、

記事を読む

no image

2-2.店員さんとの最初の対応、会話を大切にしよう

◆売る物は出来るだけ個別に持っていこう 売るものは出来るだけ一つ一つ入れ物(付属の箱があればそれに

記事を読む

no image

2-6.㊙最後の一言。

◆最後にほぼ確実に査定額をあげられる一言 査定額を出された後、何度か交渉をして金額を上げてもらい、

記事を読む

no image

1-3.売る物やブランド品の良い点を出来るだけ上げておく

◆出来るだけいい点を上げておこう なぜこんな事をするかというとリサイクルショップに売りにいった経験

記事を読む

no image

1-1.どういう不要品やブランド物が高く売れるのか

3つのポイント、年式、状態、現在の需要 リサイクルショップなどで高く売れるものというのはこの3つで

記事を読む

no image

2-4.リサイクルショップの店員に希望額を聞かれたとき

◆限度を知りながらも高めにいっておこう 持っていくと、希望額を聞かれる事がよくあります。ここでも、

記事を読む

no image

1-2.売る前に大体の値段を自分で知っておく。

◆だいたいいくらぐらいで売れるのかを事前に知っておく 今から売りにいく物の具体的な値段を知っておく

記事を読む

no image

2-3.査定額を出される前の店員さんとのやり取り

◆査定額を出される前に さぁ、ここからはいよいよ店員さんとの会話に入ってくる訳ですが、高い物で良い

記事を読む

no image

2-1.まずはあなたの立場を知ろう

◆あなたは「売ってあげる」のである! さぁここからは実際に売りに行く時の話に入ります! ・・・と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑