*

1-2.売る前に大体の値段を自分で知っておく。

公開日: : 未分類

◆だいたいいくらぐらいで売れるのかを事前に知っておく

今から売りにいく物の具体的な値段を知っておく事は非常に大事です。なぜかというと、値段が全くわからないままで売りにいってしまうと、店員さんが最初に提示した金額が、妥当なのか、全然的外れな安い金額なのかがわかります。

 「いや店員さんはプロなんだから、そんな的外れな金額は提示してこないだろ〜!」と思う方もいるかもしれませんが、甘いです!非常に甘いです。実践編でも何度も書きますが、店員さんは出来るだけ安く買い取ろうと必死です。なので、様子見としてものすごい安い金額を、最初に提示してきたりするのです。

 ここで、本当に自分の売りにいく物の価値を知らなければ、「そんなものなのかな〜」と売ってしまいかねません。故に、いくらぐらいで売れるのかはきっちり調べておきましょう。

◆どのようにして調べるのか?

ではどのようにして、相場を調べるのか?ですが、現在は便利な世の中になり、基本的にどんな中古品でもオークションで売られており、それを自由に見る事が出来ます。開催中のオークションを見ても仕様がないので、下記の「オークションの相場を調べるサイト」を使います。

「オークファン」

   (URL:http://aucfan.com/)

 このサイトの検索BOXの中に調べたい商品を入れて検索していけば、具体的な金額を知る事が出来ます。

 ではどのように入力すれば良いのか?

 家電製品の場合、ほぼ全てに型番という物が存在します。本体や箱、説明書等に必ず記載してあります。この型番を入力して検索すれば、だいたいの商品が出てきます。出ない場合は型番が間違っているか、よっぽど古くて需要がない商品です。

 では次に型番がないものです。これは服やバッグ等がおおいです。型番がないものは、ブランド名や色、特徴等をいくつか入力して、同じ物を探します。

例えば、

 (ルイヴィトン 白 モノグラフ トートバッグ)

などです。このようにいくつか特徴を入れると似たような商品がいくつか出てくるので、その中から自分の物と同じ商品をさがしてください。

 同じ商品が見つかったら、いくつかの落札金額の平均値をとります。

その際、あまりにも安い、高い物は入れないようにしましょう。

 そしてその金額はオークションで売れる金額なので、リサイクルショプで売る場合は、手間がかからない分それよりも安くなります。

 物にもよりますが最大でその7割程度(人気があったり、最新の物だともっと高い場合もある)です。最低は状態や需要により、いくらでも下がります。

 このようにして、具体的な値段を調べておきましょう。

関連記事

no image

1-3.売る物やブランド品の良い点を出来るだけ上げておく

◆出来るだけいい点を上げておこう なぜこんな事をするかというとリサイクルショップに売りにいった経験

記事を読む

no image

2-6.㊙最後の一言。

◆最後にほぼ確実に査定額をあげられる一言 査定額を出された後、何度か交渉をして金額を上げてもらい、

記事を読む

no image

2-2.店員さんとの最初の対応、会話を大切にしよう

◆売る物は出来るだけ個別に持っていこう 売るものは出来るだけ一つ一つ入れ物(付属の箱があればそれに

記事を読む

no image

2-3.査定額を出される前の店員さんとのやり取り

◆査定額を出される前に さぁ、ここからはいよいよ店員さんとの会話に入ってくる訳ですが、高い物で良い

記事を読む

no image

1-4.売るものに適したお店を選ぼう!

◆総合か?専門か? まず、リサイクルショップは総合か専門かに分かれます。 お店が広く、基本的に何

記事を読む

no image

1-1.どういう不要品やブランド物が高く売れるのか

3つのポイント、年式、状態、現在の需要 リサイクルショップなどで高く売れるものというのはこの3つで

記事を読む

no image

2-5.査定額を出された時後の店員さんとのやり取り

◆絶対に一度で納得してはいけない あなたは「査定額○○円になります。よろしいですか?」と言われて、

記事を読む

no image

2-1.まずはあなたの立場を知ろう

◆あなたは「売ってあげる」のである! さぁここからは実際に売りに行く時の話に入ります! ・・・と

記事を読む

no image

2-4.リサイクルショップの店員に希望額を聞かれたとき

◆限度を知りながらも高めにいっておこう 持っていくと、希望額を聞かれる事がよくあります。ここでも、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑